Category Archives: ジュエリー

ダイヤモンド買取専門店の探し方

ダイヤモンドの価値は世界で統一された基準が設けられており、鑑定人の基準をクリアした人物には鑑定認定書が授与されています。

買取を希望する際、どうやって店を探したらよいか迷った際には、まずこの鑑定人が在籍しているか否かを見ると良いでしょう。

相場は若干前後しますが、ダイヤモンドは天然石なので、大きさや輝きにはバラつきがあり、専門の知識を有さないと本当の価値は見抜けないものです。

ダイヤの買取は多くの店舗で実施していますが、貴方の大切な宝石を少しでも本来の価値で買い取ってもらう為にも店舗探しを誤らず、決して訪問販売等ダイヤの売買に関して知識のない営業担当者に依頼してはいけません。

宝石取扱いに歴史があり、信頼出来る鑑定職人の在籍する店舗なら、全うな金額を提示してくれます。

購入時の鑑定書があれば尚良いでしょう。

少しでも高値で買い取ってもらう為に、購入時の保証書やケース等の付属品も一緒に持ち込む事をお勧めします。

ダイヤモンド買取店の際の注意点

ダイヤモンド買取は身近なサービスになってきたと言えます。

日本の一般家庭には使われずに眠っているダイヤモンドを使用した宝飾品が多数眠っていると考えられており、ダイヤモンドが産出されない日本においても高品質なダイヤを集めることが出来るところから都市鉱山と呼ばれています。

そんなダイヤの買取を依頼する場合にはいくつかの点について注意しておくべきであると言えるでしょう。

それは相場が分かりにくいものであるという特徴を考え、出来るだけ複数の業者に見積もりを取って条件の良い業者を選定する様にすることが大切なのです。

一般にダイヤは4Cと呼ばれる国際標準の評価基準で品質が定められ、それに基づいて買い取り価格が決められる仕組みになっています。

そのため鑑定結果が違えば値段も違ってくるのです。

この様な問題を回避するためには複数の買取業者で比較するのは勿論、鑑定書があれば持参して参考にすることが求められると言えるでしょう。

ヴァンクリーフ&アーペルの歴史

フランスの高級ジュエリーブランド、ヴァンクリーフ&アーペルは、創業してまもなくマレーネ・ディートリッヒ、モーリス・シュバリエ、エヴァ・ペロンなど、各界を代表するセレブリティを顧客に持つまでに成長します。

1925年には薔薇の花と名付けられたブローチを引っ提げ、アール・デコ展大賞を受賞します。

1930年に発表されたちょっとしたお化粧品を入れるのに最適なサイズのイブニングバッグ、ミノディエールはその美しさで世界中の女性を虜にしました。

33年には、表面から爪の部分が見えないように作り上げる特殊技術である、ミステリー・セッティング生み出し、今現在もこの手法がジュエリーたちに活かされています。

3年後には、時計とジュエリーを融合させたカデナウォッチがと登場しました。

ヴァンクリーフ&アーペルにおける時計製造においては、1949年のPA49ウォッチ、72年には時計専門ブティックのオープンなど、以後も成長が続きます。

1955年、ヴァンクリーフ&アーペルのダイヤモンドとパールのネックレスをグレースケリーが受け取ったことはよく知られています。

1999年にスイスのリシュモングループ傘下となり、ここ数年はデザイナーコレクションでも発表を続けています。

2008年には、クロエとのコラボレーションを果たし、ヴァンクリーフ&アーペルのアルハンブラと、メタリックパイソンレザーを組み合わせたイブニングバッグ、オニキスのアルハンブラをあしらったネックレスなどを発表しました。

ヴァンクリーフ&アーペル買取専門店などもありますので是非、ご覧ください!

ハリーウィンストンは女性の憧れです

ハリーウィンストンは、「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれ、世界のセレブリティも憧れるジュエリーブランドです。

アメリカのニューヨークを代表するハイジュエラーで、レッドカーペットでのセレブリティを飾るハイジュエリーや花嫁を彩るブライダルジュエリーなどを厳選されたダイヤモンドを用いてその輝きを最大限に生かすデザインを施し、生涯の宝物にふさわしいジュエリーを生み出しています。
ハリーウィンストンは、ニューヨーク5番街に本店があり、現在日本には、7店の直営店があります。

中古の買取店はポメラート買取カルティエ買取などで人気の高いジュエリーファンが良いでしょう。
また、ハリーウィンストンは、世界でも有名なダイヤモンドを所有していたことでも知られています。

その中でもホープ・ダイヤモンドやレソトは特に有名です。
ホープ・ダイヤモンドは現在、ワシントンDCにあるスミソニアン研究機構に寄贈されており、スミソニアン博物館に展示されています。
レソトは、その原石が601カラット以上もあったものがハリーウィンストンで18個のダイヤモンドにカットされました。

その中で最大のものはレソト・ワンと呼ばれるもので、エメラルドカットの71.73カラットもある大きなダイヤモンドです。

レソト・スリーは、海運王オナシスが入手し、ジャクリーンケネディに婚約プレゼントとして贈りました。

宝石サンゴの最後

宝石でサンゴのものを見た事がありますか、珊瑚と言えば海などをイメージする方も多いと思います。

珊瑚の歴史は深く、種類も沢山ある事はごく一部の方が知っているだけだと思います。

宝石などとしても使われていまして、モノによっては良いお値段で買取等の売買が行われています。

ここではどのような種類があるの一つご紹介してみたいと思います。

そもそも宝石サンゴという種類があり、宝石サンゴは珊瑚の虫、つまり珊瑚虫(サンゴチュウ)と呼ばれる動物なのです。

生き物ということをご存じだったでしょうか。

その宝石サンゴとは、八放サンゴといわれるようでして、口の周囲にある触手の数が8本だそうです。

また、住処は深海に生息していて、宝石サンゴの成長はとてもゆっくりで、1cm成長するのに、50年近くかかることもあるようです。

また、サンゴの成長はどのように行われているのかと言いますと、原木の周囲を泳いでいる珊瑚虫が、一定の大きさになってきますと、原木本体に吸着される事によってさらに成長を続けていくそうです。

また、海の中でも生活ですので、潮の流れによって形は変わってきます。

潮の流れが速いほど削られて美しい枝を作るそうです。

そして先ほども述べたように、宝石サンゴは動物ですので、それぞれには寿命がありますので、寿命を迎えたサンゴの最後はと言いますと、朽ち果て、海底の砂になるそうです。

なんだか儚いですが、とても美しい話でもありますね。

珊瑚買取翡翠買取の専門店のホームページなども参考にすると良いですよ。

自分にあうジュエリーを

テレビや雑誌で何百万も何億もするジュエリーを身にまとい、きらびやかに着飾る女優を見ますが、たまに宝石負けしているのではないかと見てとれる時があります。

ただただ値段の高い宝石を身につけることは、その人にとってステータスになるかもしれません。

高い宝石というと、ダイアモンドとイメージする人も多いと思いますが、決して他の宝石がダイアモンドに劣るわけではありません。

例えば最上に青いサファイアは、最高級のダイアモンドよりコチラコチラの買取業者では価値が高く取引をされることもあります。

ただただイメージや、宝石の名前で価値を決めてしまうのではなく、大切なのは身につけるあなた自身がその宝石にどれほどの魅力を感じるのかということではないでしょうか。

単にランクが高い宝石や、高いお金を出して買ったダイアモンドに、あなたは心惹かれていますか。

美しいと心から感じ、自分に似合う宝石こそ、本物の輝きを放つものではないでしょうか。

もしもあなたがサファイアのジュエリーを選ぶことがあったとき、価格や他人の評価だけで決めるのではなく、あなたの感性事態を大切にすることが重要です。

長く付き合っていくジュエリー、いつもあなたの一番そばであなたを輝かせてくれるアクセサリー、あなた自身をも惹きつけ、そして惹きたててくれるものを選ばなくてはいけません。

サイズが大きい小さい、宝石の数が多い少ないではなく、ご自分にあったものを選びましょう。

気に行って身につけているジュエリーはそれがいくらであっても、周りの人にも好印象を与えてくれるはずです。