Monthly Archives: 7月 2014

You are browsing the site archives by month.

宝石サンゴの最後

宝石でサンゴのものを見た事がありますか、珊瑚と言えば海などをイメージする方も多いと思います。

珊瑚の歴史は深く、種類も沢山ある事はごく一部の方が知っているだけだと思います。

宝石などとしても使われていまして、モノによっては良いお値段で買取等の売買が行われています。

ここではどのような種類があるの一つご紹介してみたいと思います。

そもそも宝石サンゴという種類があり、宝石サンゴは珊瑚の虫、つまり珊瑚虫(サンゴチュウ)と呼ばれる動物なのです。

生き物ということをご存じだったでしょうか。

その宝石サンゴとは、八放サンゴといわれるようでして、口の周囲にある触手の数が8本だそうです。

また、住処は深海に生息していて、宝石サンゴの成長はとてもゆっくりで、1cm成長するのに、50年近くかかることもあるようです。

また、サンゴの成長はどのように行われているのかと言いますと、原木の周囲を泳いでいる珊瑚虫が、一定の大きさになってきますと、原木本体に吸着される事によってさらに成長を続けていくそうです。

また、海の中でも生活ですので、潮の流れによって形は変わってきます。

潮の流れが速いほど削られて美しい枝を作るそうです。

そして先ほども述べたように、宝石サンゴは動物ですので、それぞれには寿命がありますので、寿命を迎えたサンゴの最後はと言いますと、朽ち果て、海底の砂になるそうです。

なんだか儚いですが、とても美しい話でもありますね。

珊瑚買取翡翠買取の専門店のホームページなども参考にすると良いですよ。

goro’s(ゴローズ)小ぶりのネックレス

アメリカのネイティブインディアンにシルバーアクセサリーの作り方のノウハウを学んできた高橋吾朗氏はとても有名ですよね。

彼が手がけているお店もまた有名なgoro’s(ゴローズ)というお店です。

1971年にオープンしたお店は今でも製作が追いつかないほどに来店するお客様が多く、非常に繁盛しているお店という事は知られています。

毎日出来る行列を整備する為に整理券などが配られる程にまで列は膨れ上がっています。

そんなgoro’s(ゴローズ)のなかで、お勧めの商品を1つピックアップしてご紹介したいと思います。

それは、ビーズを使ったネックレスの商品なのですが、これがとても可愛らしく、女性の方でも服に合わせやすいデザインとなっていますので、幅広い方々に気に行っていただけると思います。

それは茶色の革ひもに、チェリーのようなカラーのビーズを数個とシルバーのモチーフを組み合わせたネックレスです。

それらに使われているビーズはネックレス全体に使われているのではなく、先端に2~3個でフェザーのモチーフや小さめのイーグルの型がついた平打ちなどと組み合わせられています。

ですので、ネックレスとして派手と言うよりは、非常に小じんまりとした、可愛いネックレスとなっています。

先ほど述べたように女性にも使い易いですが、男性もヘビーユーズするにはもってこいといった感じのデザインとなっていますので、店頭に行かれた際には是非チェックしていただきたい商品の1つと言えると思います。

渋谷のBRINGでは買取に力を入れていますので覗いてみてください。

自分にあうジュエリーを

テレビや雑誌で何百万も何億もするジュエリーを身にまとい、きらびやかに着飾る女優を見ますが、たまに宝石負けしているのではないかと見てとれる時があります。

ただただ値段の高い宝石を身につけることは、その人にとってステータスになるかもしれません。

高い宝石というと、ダイアモンドとイメージする人も多いと思いますが、決して他の宝石がダイアモンドに劣るわけではありません。

例えば最上に青いサファイアは、最高級のダイアモンドよりコチラコチラの買取業者では価値が高く取引をされることもあります。

ただただイメージや、宝石の名前で価値を決めてしまうのではなく、大切なのは身につけるあなた自身がその宝石にどれほどの魅力を感じるのかということではないでしょうか。

単にランクが高い宝石や、高いお金を出して買ったダイアモンドに、あなたは心惹かれていますか。

美しいと心から感じ、自分に似合う宝石こそ、本物の輝きを放つものではないでしょうか。

もしもあなたがサファイアのジュエリーを選ぶことがあったとき、価格や他人の評価だけで決めるのではなく、あなたの感性事態を大切にすることが重要です。

長く付き合っていくジュエリー、いつもあなたの一番そばであなたを輝かせてくれるアクセサリー、あなた自身をも惹きつけ、そして惹きたててくれるものを選ばなくてはいけません。

サイズが大きい小さい、宝石の数が多い少ないではなく、ご自分にあったものを選びましょう。

気に行って身につけているジュエリーはそれがいくらであっても、周りの人にも好印象を与えてくれるはずです。

 

大人気のランゲ&ゾーネ

ランゲ&ゾーネはドイツのザクセン王国の宮廷時計師、フェルディナント•アドルフ•ランゲが周辺の若者へ時計製造技術を教えることで 若者達の失業率や貧困への対策になると考え、彼の持っている時計の知識を伝授したのがキッカケでした。

今でこそ高級時計メーカーとして名高いランゲ&ゾーネですが 設立当初は小さな工房からのはじまりでした。

ランゲ&ゾーネは、ランゲと その息子達。
というとても心温まる由来となっています。
当時、時計といえばスイス。
(未だに その勢力図は傾向としてありますが)スイスにならんだ他国の時計メーカーという高い評価をうけていました。
そんな高級時計メーカー、ランゲ&ゾーネですが 今までに何度も危機迎え、乗り越え 今があります。

第二次世界大戦の時は時計メーカーがドイツ政府から設備、資産を接収されました。

1960年には創業者のランゲから数えて4代目にあたるヴァルター•ランゲが再度、時計工房を再開し インターナショナル ウォッチ カンパニー(IWC)と協力する関係性を築きましたが クォーツショックのタイミングに苛まれ、挫折を余儀なくされました。
しかし、それでも諦めることのなかったランゲ&ゾーネは1990年の東西ドイツ統一の際に「統一の記念として、ドイツ最高峰の時計を復活させる」と決心し、再開、再建をはたしました。
元は「周囲の若者達が手に職を」という親切な心で工房からスタートした ランゲ&ゾーネが、戦争やクォーツショックなど 数々の困難を乗り越え 今、ドイツ最高峰の時計メーカーとして存在しているのは ランゲ&ゾーネの愛情を深く感じます。

ちなみにコチラのショップでは(http://www.watch-fun.info/langesohne)にて買取を行ってくれます。