Monthly Archives: 7月 2015

You are browsing the site archives by month.

ヴァンクリーフ&アーペルの歴史

フランスの高級ジュエリーブランド、ヴァンクリーフ&アーペルは、創業してまもなくマレーネ・ディートリッヒ、モーリス・シュバリエ、エヴァ・ペロンなど、各界を代表するセレブリティを顧客に持つまでに成長します。

1925年には薔薇の花と名付けられたブローチを引っ提げ、アール・デコ展大賞を受賞します。

1930年に発表されたちょっとしたお化粧品を入れるのに最適なサイズのイブニングバッグ、ミノディエールはその美しさで世界中の女性を虜にしました。

33年には、表面から爪の部分が見えないように作り上げる特殊技術である、ミステリー・セッティング生み出し、今現在もこの手法がジュエリーたちに活かされています。

3年後には、時計とジュエリーを融合させたカデナウォッチがと登場しました。

ヴァンクリーフ&アーペルにおける時計製造においては、1949年のPA49ウォッチ、72年には時計専門ブティックのオープンなど、以後も成長が続きます。

1955年、ヴァンクリーフ&アーペルのダイヤモンドとパールのネックレスをグレースケリーが受け取ったことはよく知られています。

1999年にスイスのリシュモングループ傘下となり、ここ数年はデザイナーコレクションでも発表を続けています。

2008年には、クロエとのコラボレーションを果たし、ヴァンクリーフ&アーペルのアルハンブラと、メタリックパイソンレザーを組み合わせたイブニングバッグ、オニキスのアルハンブラをあしらったネックレスなどを発表しました。

ヴァンクリーフ&アーペル買取専門店などもありますので是非、ご覧ください!

ターノグラフのバリエーション

ロレックスのシリーズにデイトジャストシリーズがあります。

これはロレックスの3大発明の一つである、午前0時になると瞬時に日付が切り替わるデイトジャスト機構が搭載されたものになります。

このシリーズには、文字盤やベゼルの形状、ブレスレットの組み合わせなどによって100種類以上ものバリエーションが用意されています。

その中で、自分の好みを自由に選ぶことができるのが、デイトジャストシリーズの魅力であり、高い支持を集めている何よりもの理由であると言えるでしょうか。

デイトジャストシリーズのひとつにターノグラフがあります。

ターノグラフには、ゼロに帰るという意味のターン・ゼロ・グラフが文字盤に刻まれています。

ステンレススチール素材に、18kホワイトゴールド、18kのピンクゴールド、同じく18kのイエローゴールドの3種類のそれぞれが組み合わせできます。

5連と3連のブレスレット、ブラック、ホワイト、ブルー、シルバーなどから文字盤の色を選ぶこともできます。

ターノグラフは、2004年のバーゼルフェアで新しいモデルが発表されました。

そこで発表されたモデルは、型番116264でしたが、これは16264のモデルチェンジしたものであります。

赤い針がとてもインパクトがありますね。

コチラのお店ではデイトジャスト買取に力を入れているようです。