大人気のランゲ&ゾーネ

ランゲ&ゾーネはドイツのザクセン王国の宮廷時計師、フェルディナント•アドルフ•ランゲが周辺の若者へ時計製造技術を教えることで 若者達の失業率や貧困への対策になると考え、彼の持っている時計の知識を伝授したのがキッカケでした。

今でこそ高級時計メーカーとして名高いランゲ&ゾーネですが 設立当初は小さな工房からのはじまりでした。

ランゲ&ゾーネは、ランゲと その息子達。
というとても心温まる由来となっています。
当時、時計といえばスイス。
(未だに その勢力図は傾向としてありますが)スイスにならんだ他国の時計メーカーという高い評価をうけていました。
そんな高級時計メーカー、ランゲ&ゾーネですが 今までに何度も危機迎え、乗り越え 今があります。

第二次世界大戦の時は時計メーカーがドイツ政府から設備、資産を接収されました。

1960年には創業者のランゲから数えて4代目にあたるヴァルター•ランゲが再度、時計工房を再開し インターナショナル ウォッチ カンパニー(IWC)と協力する関係性を築きましたが クォーツショックのタイミングに苛まれ、挫折を余儀なくされました。
しかし、それでも諦めることのなかったランゲ&ゾーネは1990年の東西ドイツ統一の際に「統一の記念として、ドイツ最高峰の時計を復活させる」と決心し、再開、再建をはたしました。
元は「周囲の若者達が手に職を」という親切な心で工房からスタートした ランゲ&ゾーネが、戦争やクォーツショックなど 数々の困難を乗り越え 今、ドイツ最高峰の時計メーカーとして存在しているのは ランゲ&ゾーネの愛情を深く感じます。

ちなみにコチラのショップでは(http://www.watch-fun.info/langesohne)にて買取を行ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation