自分にあうジュエリーを

テレビや雑誌で何百万も何億もするジュエリーを身にまとい、きらびやかに着飾る女優を見ますが、たまに宝石負けしているのではないかと見てとれる時があります。

ただただ値段の高い宝石を身につけることは、その人にとってステータスになるかもしれません。

高い宝石というと、ダイアモンドとイメージする人も多いと思いますが、決して他の宝石がダイアモンドに劣るわけではありません。

例えば最上に青いサファイアは、最高級のダイアモンドよりコチラコチラの買取業者では価値が高く取引をされることもあります。

ただただイメージや、宝石の名前で価値を決めてしまうのではなく、大切なのは身につけるあなた自身がその宝石にどれほどの魅力を感じるのかということではないでしょうか。

単にランクが高い宝石や、高いお金を出して買ったダイアモンドに、あなたは心惹かれていますか。

美しいと心から感じ、自分に似合う宝石こそ、本物の輝きを放つものではないでしょうか。

もしもあなたがサファイアのジュエリーを選ぶことがあったとき、価格や他人の評価だけで決めるのではなく、あなたの感性事態を大切にすることが重要です。

長く付き合っていくジュエリー、いつもあなたの一番そばであなたを輝かせてくれるアクセサリー、あなた自身をも惹きつけ、そして惹きたててくれるものを選ばなくてはいけません。

サイズが大きい小さい、宝石の数が多い少ないではなく、ご自分にあったものを選びましょう。

気に行って身につけているジュエリーはそれがいくらであっても、周りの人にも好印象を与えてくれるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation