goro’s(ゴローズ)小ぶりのネックレス

アメリカのネイティブインディアンにシルバーアクセサリーの作り方のノウハウを学んできた高橋吾朗氏はとても有名ですよね。

彼が手がけているお店もまた有名なgoro’s(ゴローズ)というお店です。

1971年にオープンしたお店は今でも製作が追いつかないほどに来店するお客様が多く、非常に繁盛しているお店という事は知られています。

毎日出来る行列を整備する為に整理券などが配られる程にまで列は膨れ上がっています。

そんなgoro’s(ゴローズ)のなかで、お勧めの商品を1つピックアップしてご紹介したいと思います。

それは、ビーズを使ったネックレスの商品なのですが、これがとても可愛らしく、女性の方でも服に合わせやすいデザインとなっていますので、幅広い方々に気に行っていただけると思います。

それは茶色の革ひもに、チェリーのようなカラーのビーズを数個とシルバーのモチーフを組み合わせたネックレスです。

それらに使われているビーズはネックレス全体に使われているのではなく、先端に2~3個でフェザーのモチーフや小さめのイーグルの型がついた平打ちなどと組み合わせられています。

ですので、ネックレスとして派手と言うよりは、非常に小じんまりとした、可愛いネックレスとなっています。

先ほど述べたように女性にも使い易いですが、男性もヘビーユーズするにはもってこいといった感じのデザインとなっていますので、店頭に行かれた際には是非チェックしていただきたい商品の1つと言えると思います。

渋谷のBRINGでは買取に力を入れていますので覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation