宝石サンゴの最後

宝石でサンゴのものを見た事がありますか、珊瑚と言えば海などをイメージする方も多いと思います。

珊瑚の歴史は深く、種類も沢山ある事はごく一部の方が知っているだけだと思います。

宝石などとしても使われていまして、モノによっては良いお値段で買取等の売買が行われています。

ここではどのような種類があるの一つご紹介してみたいと思います。

そもそも宝石サンゴという種類があり、宝石サンゴは珊瑚の虫、つまり珊瑚虫(サンゴチュウ)と呼ばれる動物なのです。

生き物ということをご存じだったでしょうか。

その宝石サンゴとは、八放サンゴといわれるようでして、口の周囲にある触手の数が8本だそうです。

また、住処は深海に生息していて、宝石サンゴの成長はとてもゆっくりで、1cm成長するのに、50年近くかかることもあるようです。

また、サンゴの成長はどのように行われているのかと言いますと、原木の周囲を泳いでいる珊瑚虫が、一定の大きさになってきますと、原木本体に吸着される事によってさらに成長を続けていくそうです。

また、海の中でも生活ですので、潮の流れによって形は変わってきます。

潮の流れが速いほど削られて美しい枝を作るそうです。

そして先ほども述べたように、宝石サンゴは動物ですので、それぞれには寿命がありますので、寿命を迎えたサンゴの最後はと言いますと、朽ち果て、海底の砂になるそうです。

なんだか儚いですが、とても美しい話でもありますね。

珊瑚買取翡翠買取の専門店のホームページなども参考にすると良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation