ターノグラフのバリエーション

ロレックスのシリーズにデイトジャストシリーズがあります。

これはロレックスの3大発明の一つである、午前0時になると瞬時に日付が切り替わるデイトジャスト機構が搭載されたものになります。

このシリーズには、文字盤やベゼルの形状、ブレスレットの組み合わせなどによって100種類以上ものバリエーションが用意されています。

その中で、自分の好みを自由に選ぶことができるのが、デイトジャストシリーズの魅力であり、高い支持を集めている何よりもの理由であると言えるでしょうか。

デイトジャストシリーズのひとつにターノグラフがあります。

ターノグラフには、ゼロに帰るという意味のターン・ゼロ・グラフが文字盤に刻まれています。

ステンレススチール素材に、18kホワイトゴールド、18kのピンクゴールド、同じく18kのイエローゴールドの3種類のそれぞれが組み合わせできます。

5連と3連のブレスレット、ブラック、ホワイト、ブルー、シルバーなどから文字盤の色を選ぶこともできます。

ターノグラフは、2004年のバーゼルフェアで新しいモデルが発表されました。

そこで発表されたモデルは、型番116264でしたが、これは16264のモデルチェンジしたものであります。

赤い針がとてもインパクトがありますね。

コチラのお店ではデイトジャスト買取に力を入れているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation